会社に入って3か月目で、お金がすっかりなくなり、借りなくてはならなくなりました。

今すぐお金が必要!-そんな時に頼りになるのがカードローン

会社に入って3か月目で、お金がすっかりなくなってしまったのです。

会社に新入社員で入社して最初の1ヶ月は研修センターで研修でした。
でも2か月目になると部署に配置され、怒涛のような忙しさが始まったのです。
実際は何もまだ不慣れなので、なぜ忙しいのかわからないくらいなのですが、とにかく、2か月目ですっかり心身ともに疲れ果ててしまったのです。
でも、仕事はしっかりとやっていきたい。
ところが身体は疲れてうまく対応できない、ということです。

そこで実家を出て、一人暮らしの部屋を借りて、会社のそばに住むことで、通勤時間を短縮させようと思いついたのです。
幸い、入社1ヶ月めは研修だったので、お給料は入りましたが、ほとんど使わずに済みました。
2か月め分もほとんど残りました。
忙しすぎて、使う時がなかったからです。

学生時代のバイト代の貯金を足して、それを敷金礼金として引越しをすることができました。

そして1ヶ月間が過ぎましたが、会社から近いので、仕事終わりで同僚と回日のように飲んでしまいました。
もうすぐボーナスだし、と思い、ローンで新しい靴とバッグも購入してしまいました。

すると、なんと、新入社員の最初のボーナスはないに等しい…というではありませんか!

気付くと次の家賃にも間に合わず、ローンに関しては、最初の引き落としが2日後だというのです。
もともと新入社員の給料は低いのです…。

本当に情けないながらも、外で借りる勇気もなく、そそくさと実家へ帰り、両親に懇願して貸してもらいました。

お金が必要なら基本は親族に頼るしかない

今すぐお金が必要になるといってもその内容によると思いますが、とりあえず自分の貯金や稼ぎで用意できない場合は親族に頼るしかないと思います。親に相談したり兄弟に相談したりしてなんとかお金を借りて工面するしかないと思います。

親族は声はかけやすいですが、お金を借りるにはそれ相当の理由も必要で説得しないといけないと思います。

消費者金融などの金融機関にお金を借りるには、収入や担保となる資産など返済の見込みなどがないと借りることはできないので今の段階では難しいのではないかと思います。

少額で審査が甘ければ消費者金融などから借りることもできると思いますが金額が多くなると消費者金融からも借りることができないのではないかと思っています。

またその必要なお金の内容ということにもよって、場合によっては行政からもお金が借りることができると聞いたこともあります。

本当に職も貯金もない場合は、生活保護を受けるかお金を借りて生活を立て直すかかで条件がありますが、お金を借りることもできるようです。

物欲から簡単にお金を借りたくもなる

http://xn--t8j5c8de7a4051b5yerl9g01wb.jp/
(簡単にお金を借りる.jp)

私は現在、体調を崩しており無職です。
住まいは実家なのですが、恥ずかしい話ですが貯金も満足にないんですね。
そんな中で、自由にお金を使いたいなぁと思うことが度々あります。

たとえばインターネットでショッピングサイトなどを眺めていると物欲が湧いてきます。
あれもこれも欲しいなと思うと商品を見ているだけも楽しいのですが、やはり購入したくなります。
それと私はゲームなども好きなので、ネットでゲームの話題を見ると欲しくて、たまらなくなります。

たとえばこれがお金を借りて購入できるならどれほど幸せでしょうか。
ゲームや雑貨も欲しいですし、食べ物もありとあらゆる嗜好品が目の前に・・・。
しかし消費者金融などは正直なところ自分は知識もなく、ざっくりと簡単にお金を借りることも可能なのだ。などというイメージでいます。
いい歳ですのに恥ずかしい話ですね。

ですがもし簡単にお金を借りるのならば親類からになるのではと思います。
どうしても知らない他人にお金を借りるのは無知からくる怖さを感じてしまうのです。

将来も安定した収入があれば大丈夫

その人に安定した収入があれば、常識の範囲内で借りて問題ないと思います。
入院や冠婚葬祭などで急な出費や支出があることはしょっちゅうですし、大きい買い物をするとき(例えば家や車を買うとき)には多額のお金が必要です。全部とはいわないまでも、大部分はローンとしてお金を借りるでしょう。

国だって国債という多額の借金を抱えています。

お金を借りることは多くの人にとってはためらわれることであるかもしれないけど、ごくごく普通のことであって
私はマイナスのイメージを持っていません。

しかしギャンブルのためとか高い服を買うために借りることはNGだと思います。
お金を借りることがOKなのは「その人は将来も安定した収入がある」といった前提条件での下です。
金融機関もその人の将来を信用して審査して、お金を貸していますからね。
たいていそういう娯楽的な理由のためにお金を借りるのって、自分の将来の支払い能力を「勝手に過信」して、
「来月には○万円の収入があるだろうから大丈夫」と自分自身で勘違いしていると思うのです。
もしこういうパターンであれば危険だと思います。

お給料日までお金がない状態のときはとにかく現金化とポイントを使う

お給料日まであと3日で全くお金がないのならば、まずはポイントサイトをチェックします。コンビニで使えるポイントがないかどうか、スーパーで使えるポイントがないかどうかなど細かくチェックして、少しでもあるなら食材に交換しておきます。

もやしなどは30円もあれば買えてしまいますし、腹持ちもよくかさましにも使えるからです。

そして、あとはお米があれば十分です。お米さえあればなんとか食材の面では問題なくなります。あとは誰にも誘われない環境をつくることです。それでも、どうしてもお金が必要となった場合は親などを頼ります。

消費者金融などに関しては利率も高いのとリスクもあるので、利用しません。頼れるところはお友達か家族です。信頼関係をなくさないためにも、家族に頼るのが一番になります。

さらに、お金になりそうなものをリサイクルショップへ持って行って小銭を稼ぐということもします。すぐに現金になるということでオークションよりも手軽です。