Momentary Clippingではありません » 未分類

将来も安定した収入があれば大丈夫

その人に安定した収入があれば、常識の範囲内で借りて問題ないと思います。
入院や冠婚葬祭などで急な出費や支出があることはしょっちゅうですし、大きい買い物をするとき(例えば家や車を買うとき)には多額のお金が必要です。全部とはいわないまでも、大部分はローンとしてお金を借りるでしょう。

国だって国債という多額の借金を抱えています。

お金を借りることは多くの人にとってはためらわれることであるかもしれないけど、ごくごく普通のことであって
私はマイナスのイメージを持っていません。

しかしギャンブルのためとか高い服を買うために借りることはNGだと思います。
お金を借りることがOKなのは「その人は将来も安定した収入がある」といった前提条件での下です。
金融機関もその人の将来を信用して審査して、お金を貸していますからね。
たいていそういう娯楽的な理由のためにお金を借りるのって、自分の将来の支払い能力を「勝手に過信」して、
「来月には○万円の収入があるだろうから大丈夫」と自分自身で勘違いしていると思うのです。
もしこういうパターンであれば危険だと思います。

Comments are closed.